奥手な私が出会い系サイトで尻を叩かれたいMな女性とセックスする

いい大学に入り一流会社への入社を勝ち取った私の唯一のコンプレックスが女性に奥手だという事です。

 

大学時代から合コンに誘われて参加するものの、いまいち女性との会話ができないままで終わってしまい、女性たちには暗い男という印象を与えてしまうのです。

 

そこで実際には会わない状態でコミュニケーションを取って女性と知り合うにはどうしたら良いかと考えてみると出会い系サイトという方法を見つけました。

 

この方法で私の奥手というネガティブな性格は解消されたのです。

 

その理由は出会い系サイトで知り合った女性がとてつもない変態だったからです。

 

>>M女なセフレ探しアプリで近所で検索して作れる

 

狙いどおり出会い系サイトで何度かのメッセージ交換で仲良くなる事に成功すると、まずセックスできるかをダイレクトに問うたのです。

 

この直球が良かったのかホテルに行くことに成功し、とくに会話をする事なくベッドで行為を始めました。

 

ペロペロと舐めていく度に子犬のような鳴き声で感じていき、終いにはお尻を叩いてと懇願されたのです。

 

軽く叩くと、さらに強く叩いてほしいという女性の願いに私はお尻が真っ赤になるまで叩き続けました。

 

返事をしてくれない程感じまくっている女性はぐったりした後に幸せそうな表情でベッドで仰向けになりました。

 

その状態で私は彼処に彼処を入れさせてもらい、腰を降り続けました。

 

コンドームの中には熱い精液が溜まってしまい、私も久しぶりの性交渉に酔いしれました。

 

出会い系サイトをもっと早くに利用していれば私の大学時代ももっと華やかなものとなっていたかもしれません。
東京都・20代・男性・会社員